<   2010年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

a0006371_19465462.jpg

コミュニティカフェ
良いですね。#poesiablanca
[PR]
自分の中でのマイブームナンバーワンはなんと言っても「ビーシックインカム」「ベーシックインカム」ですね。
またカタカナの聞きなれない言葉ですね。

日本語にすると・・・・「生きるための生活最低保障」とでも言いますか?
そんなもの今までもあったじゃない。って言われますが今言われているのは「無条件にすべての人に」と言う部分が今までにない考え方ですね。

少し前の共産主義の再来みたいによく言われますが、実は推進派には新自由主義の方も多いのが面白いですね。
仕組みを詳しく
Wikiペディアのページ


推進派、否定派いろいろ議論があって面白いのですが
自分の根拠は憲法に規定されていることをきちんと実行したいという思いです。
「第3章 国民の権利及び義務」
この章の内容がきちんと行われた時に初めて人が文明社会の中に住んでいると言えるような気がしています。

いろんな議論の中で、いと番思う事は「国家とは」と言う部分です。

まだまだ「国民を統治する仕組み」だと思っている人が多いことに驚かされます。
自分は「ひとが支えあって生きていく仕組み」だと思っているのですが、勘違いなんでしょうか?

しばらくベーシックインカムを基本にしていろんな仕組みを考えていこうと思っています。

キーワードは「ベーシックインカムを通常通貨として扱うのではなく地域通貨として扱う」
と言う部分ですね。
ベーシックインカムを地域通貨(その地域でしか使えない通貨)とすることによって地方自治体の「ベーシクインカム」になるという点です。地域での基本経済が潤うという事は地方自治体の基本財政が潤うという事に直結します。今まであるいろいろな政策は基本公平に給付するという枠組みの中でいかに不正受給をなくすか?そのために多大な経費を使い、人も使ってきました。地方自治体のをスリムにすることによって自立した地方自治体の運営が可能になるそんな仕組みではないかと思っています。

続きはまた
[PR]
富山コミュニティカフェネットワーク発足記念講演会
地域に  
             講師  田中 尚輝氏

 今、全国にコミュニティカフェが続々と立ち上がってきています。地域の繋がりが薄れつつある今、新たな地域作りを期待されるのがコミュニティカフェなのです。社団法人長寿社会文化協会(WAC)常務理事として活躍されている田中尚輝さんをお迎えして、 コミュニティカフェについて知る機会を設けます。「目からうろこ」の「居場所」観、「NPOビジネス」論や「これからの人生」論も交えた有意義なお話が次々ととびだします。皆様のご来場をお待ちしています。
日時    2010年2月26日(金)19時から21時まで
場所    ポエシア・ブランカ(富山市千石町3-7-2)
参加費   2000円(軽食・ワンドリンクつき)
お問い合わせ・申込先: MAIL: info@learnput.com
TEL:076-482-6829(ポエシア・ブランカ)
 WACは、長年、コミュニティカフェ事業に取り組み、全国のコミュニティカフェの情報やカフェ運営のノウハウを豊富に持ち、さまざまな支援を行っており、2009年11月には全国コミュニティカフェネットワークを立ち上げました。私たち富山コミュニティカフェネットワークは、そのネットワークの運営委員になりました。
営利を求めるだけではなく、地域やその地域に住む人たちのための活動をめざすコミュニティカフェを支えていくためには大きなエネルギーが必要です。富山県内でがんばっているコミュニティカフェや居場所が、独自の活動を展開するエネルギーを持ち続けられるようなネットワーク作りを進めていきたいと思います。
               富山コミュニティカフェネットワーク事務局
平木柳太郎 (株)ランプット  ポエシア・ブランカ
加藤愛理子  Y’sさくらカフェ 
   田中尚輝(たなか なおき) さんプロフィール
1943年京都市生まれ。
社団法人長寿社会文化協会(WAC)常務理事
NPO法人市民福祉団体協議会理事
NPO事業サポートセンター常務理事として、高齢者や子どもNPOに関わる諸問題解決のため
社会的環境整備に精力的に取り組んでいる。とりわけ現在は、日本最大のシニアのためのネットワーク「地域創造ネットワークジャパン」 の立ち上げと、シニアによるNPO起業への支援、ネットワークづくり、NPOのマネジメントのノウハウの普及に向けて、執筆や全国的な講演活動に活躍中。
著書に、『NPOの資金づくりがわかる本!』(学陽書房)
『「悪党的思考」のすすめ』(中央アート出版)
『団塊シニアが社会を変える NPOビジネス』(学陽書房)
『リーダーのあなたに贈る実戦!NPOマネジメント』『NPOビジネスで起業する!』(以上、学陽書房)
『高齢化時代のボランティア』『ボランティアの時代』(以上、岩波書店)
『市民社会のボランティア』(丸善ライブラリー)ほか多数。


富山コミュニティカフェネットワークに参加していただきたい活動は、
いわゆる「カフェ」だけではありません。私たちは以下のように考えています。
①地域で支え合う活動の場
例高齢者サロン、子育てサロン、子どもたちの休日や放課後の居場所など
②情報を得ることができる場
例学ぶことができるセミナーや生涯学習の場、
ボランティア活動やNPOの活動の拠点となっている場など
③地域との繋がりを築く場
例福祉施設やフリースクールなどが運営するカフェやレストラン、ギャラリー、販売所、
商店街の活性化などを担う場、国際交流などができる場など
④食の安全や大切さなどを啓発していく場
例地場野菜などの食材でメニュー作りをしている店、生産者が直接営業をしている店、
手作りのスローフードを提供している店など
⑤生き方をチャレンジできる場
例なんらかの事情で仕事に就けない人が新しい働き方を見つけることができる場、
個人ではできないことが場を共有することでチャレンジできる場、ワンデイシェフレストラン、
趣味を生かしてネットワークを作る場など
⑥その他場があって、人がいて、交流が生まれるところ
[PR]
by PCTOOL | 2010-02-24 16:17
季節の移ろいのなか日々を過ぎしていると「時」の持つ力を肌に感じる瞬間がありますね。

今日教室の生徒さんから講座のお休みの連絡
ご本人さんにとって大切な人が亡くなられたとのこと
心からご冥福をお祈りいたします。

人が生きていく中で、多くの人に出会えば出会うほど多くの喜びに出会いますが
それと同時に多くの悲しみにも出会います。

また別にこの瞬間にも命のともしびが消えてしまうかもしれない家族の元気になる姿を信じて今できることを精いっぱいしている方

目の前の現実に押しつぶされそうな時に必死で解決策を悩んでいる方

自分の無力感から自分の存在を消してしまいたいと思っている方

いろんな方と同時の時間を生きている、同じ空間を共有しているその辛さや哀しさ、やるせなさを思うと
自分の心まで張り裂けそうになります。同じ空気、同じこの地球という場所を共有しながらなぜにこうも辛い瞬間が人にはやってくるんだろう。

今年の冬は久しぶりに寒くて雪の多い日が続きました。
久々に大変な冬を経験しました。

そして今日春一番が吹いたというラジオからの声

これからも多くの人に出会い多くの喜び、多くの悲しみを分かち合いながら
自分のできることを精いっぱいやっていきたいななんて思っています。

一人でも多くの人の笑顔を見るために
[PR]
【News:「ゆめまちづくりフォーラム」金沢】
http://bit.ly/b0xfZY 市民と行政が対等の立場で協力しあって進めるまちづくりを考える「金沢市ゆめまちづくりフォーラム2010」が21日、同市青草町の近江町交流プラザで開かれた。

素敵な企画です。
良いライバルがいると嬉しいですね。
富山でもいろいろ広げていきたいですね。
[PR]
by pctool | 2010-02-22 11:09
a0006371_105026.jpg

ウコンを飲んでメタボが解消されるのか!壮大な人体実験です。
20年かけて育ったメタボVsウコン 面白い対決です。
と言っても毎日3g牛乳に溶いて飲むだけみたいなんですが・・・・・・
ただ今実験中何をしていても良いようなので、ブログを更新したり、メールを打ったり
楽しい時間です?
[PR]
a0006371_1094693.jpg

[PR]
a0006371_142447.jpg

[PR]
a0006371_1433717.jpg

[PR]
a0006371_13202566.jpg

始まりました。佐賀県cso推進機構川副知子さん
[PR]