カテゴリ:iPad( 3 )

a0006371_19104489.jpg

待ちに待ったiPadを動かす基本ソフトウエアのアップデートです。
この辺のアップデートのタイミングが、遅いような気もするのですが、(iPhoneは夏前に対応)まぁとにかくアップデートは嬉しいですね。

基本的な操作のしやすさはそのままに、改善が望まれていた点がずいぶん使いやすくなっています。

a0006371_192940100.jpg
1.画面のロックスイッチをハード側から、ソフトウエア側へ変更
本体についていたロックスイッチをミートボタンとし、画面のロックをOSの機能として埋め込んでいます。
純正ケースを使っているので、画面の上下を絶えず入れ替えていた関係上一番触る頻度が高かったスイッチです。やはり機械的なスライドスイッチはいつか壊れます。自分もそう思って入り切りを慎重に触っていました。
この変更で、そんな心配もいらなくなりました。ホームボタンを2回連続で押すと出てきます。

2.マルチタスキングに対応
今までは一つのアプリケーションしか動かすことができなかったんですが、同時に起動する事が出来るようになりました。ツイッターからメール、HPのブラウジングなど切れ目なく操作する事が出来ます。
個人的にはラジオアプリを動かしながらツイッターできるのは嬉しいですね。まだ未対応のアプリもあるので、少し注意です。

3.アプリをホルダーで管理できるようになりました。
ホーム画面にだらだらと並んだアプリアイコンをフォルダーで整理できるようになりました。これで必要なアプリをさがすのも楽になります。フォルダー名も変更できるので、自分の気に入った名前を付けて入れておけるようになりました。

4.Air Print(エアプリント)対応
念願の印刷機能がOS側でサポートされました。
まだ対応プリンターは少ないのですが、進歩です。

などなど書ききれませんが、進化は感謝ですね。
バージョンアップの方法も、iTunesが入っているパソコンに接続して、アップデイトボタンを押すだけです。
お試しください。

でもここまで来ると・・・・

More
[PR]
by PCTOOL | 2010-11-25 19:30 | iPad
今週頭からiPad上のAppStoreが動き始めた。 #ipadjp
a0006371_1133886.jpg
今まではパソコン上のiTunesからダウンロードする形で、それと同期してインストールをしていたのですが、直接いPadからダウンロードできるようになりました。
それ以前は出先や、職場で面白そうなアプリを見つけても自宅のiMacにつながないとインストールできませんでした。これからは面白いアプリを見つけたら即ダウンロードできます。
そんな中驚きのアプリが「iWork」です。実はいろんなところで、iPadのデモをしてお話をしていたんですが、そこでは「iPadは優秀なビューアー(閲覧機)であって作成作業はちょっと難しい」なんて偉そうに言っていました。
a0006371_1255461.jpg

実際その時点ではドキュメント作成に適したアプリがありませんでした。
WindowsではWordに対応するアプリはiWorkではPages(ぺイジーズ)と言います。
普通に文章を作ることができます。雛型が結構あるので、それを使えば、簡単に体裁が整った文章を作ることができます。入力も画面上に出てくるソフトウエアキーボードで文字入力ができます。
a0006371_1335897.jpg

写真の挿入、図形の大きさの変更など画面をピンチ(2本指でなぞる)すると簡単に大きさを変えたりドラックして位置を変えたり簡単にできます。マウスを使うより直感的に作業ができます。
他にもエクセルに対応した「Nambers(ナンバーズ)」パワーポイントに対応した「Keynote(キーノート)」があります。
アプリの値段も1本1,200円とOfficeに比べるとビックリする安さです。
iTunesStoreの支払いは
a0006371_14458100.jpg
クレジットカードでも出来ますが、ちょっとクレジットカードは心配と言う方のためにiTunesカードと言うプリベイドカードがあります。1,500円、3,000円、5,000円の3種類でコンビニで買う事ができます。
そのほかアプリは無料のものも多く気軽にダウンロードして使う事ができます。
今のところ自分の知る限りでiPadでやることが難しいことはホームページ作成とブログの写真投稿位です。
これも時間の問題じゃないかと思っています。
ワクワクが広がります。
[PR]
by PCTOOL | 2010-05-27 01:50 | iPad
28日を前にワクワクしてソワソワして何をして良いのかもわかりません。 #ipadjp
a0006371_22361948.jpg

ついにきましたね。って感じです。とりあえず自分の出来ること一つづつやって行きます。
(本当はこんなことしている時間はないのですが・・・・)
良く聞かれることも含めてまとめておきます。
a0006371_22405740.jpg

最初に気になるお値段と種類です。
通信方法の違いが2種類、記憶容量の違いが3種類組み合わせで、全部で6種類気機種があります。
自分の持っているのはWiFi16Gの一番の安いモデルです。一か月余り使っていますが、何も問題はありません。だとすれば48,800円です。エントリーモデルとしては十分ですね。
今後アプリが大きくなってきたり、(現行はiPhoneのアプリが多いのでサイズは小さめ)音楽をたくさん入れておきたいと思ったり、これからビデオの保管もしたい(ビデオ画像は本当にきれいです)など容量には不満が出るようであれば、32GBモデルの検討も必要になってくると思います。まぁ普通に使うだけなら、16GBモデルで十分です。
次に通信方法
3Gモデルであれば、ソフトバンクの携帯電話がつながるところであれば、どこでもインターネット出来るメリットは大きいですね。通信速度も実測値で0.3Mb/s早いところで0.5M位です。メール、ツイッターといった文字ベースの通信であれば、何も問題ないレベルですね。YouTubeなど動画系サイトはちょっと辛いかなと言った感じです。といっても途中ちょっと途切れるかな?ぐらいでチェックするだけならほぼ問題ありませんね。
でもそこで問題になるのは本体代金プラスで通信料金がかかることですね。
本体分割代金2,480+通信料金2,910=5,390が月々かかってきます。
自分の場合iPhoneがあって、プラスこの値段と言うのはちょっと現実的ではないですね。
GPSを使って外で地図が見たい(結構秀逸でカーナビがいらない)とか、初めからネット環境が自宅にないなど必要性がある人のみ購入を検討されれば良いと思います。

また検討案としてはWiFiモデル+どこでもWiFと言うパターンがありますね。
どこでもWiFiはイーモバイル、SoftBankなど最近で始めている機種ですが、普通の3G接続子機に無線ルーターが付いている感じです。これがあれば、iPad,iPhone,パソコン、ゲーム機など5台まで同時にインターネットに接続することができます。まぁつないだ分だけ通信速度は一層遅くなりますが・・・・・
あと問題はどこでもWiFiの電池の持ち時間が少ない点ですね。普通に通信していると3時間ぐらいしか持ちません。

人それぞれ環境が違うのでどれがお勧めってことは言えませんが、どの機種を選ぶにしろ購入は絶対お勧めですね。先行発売されているアメリカでも買った人の90%の人が満足しているというデーターもあります。
個人的には満足度100%です。今日来た情報ではアメリカで品薄になっていて、Applestoreでも入荷待ちになっているようです。日本など後発国の発売に向けて、在庫の逆転現象になっているみたいですね。
実は銀座のAppleStoreではもう並んでいる人がいるらしいですね。SoftBankでも原宿のお店は当日店頭販売分があるって話です。ネットでの今からの注文では6月中の納品予定と言う事です。
[PR]
by PCTOOL | 2010-05-26 23:06 | iPad