カテゴリ:書評( 4 )

a0006371_10501511.jpg
またすごい本を見てしまいました。

五木寛之さんの「人間の覚悟」



前から悲観主義だと思っていた氏の本はオプティミズムの自分にとっては、暗くってそんなにネガティブに社会を見なくっても・・・って感じで読んでいました。(まぁでるたんびに読んでいましたからファンであるのは間違いないですが)

でこ今度はちょっと頬を殴られたみたいな感じがしました。

知ってましたか?
「あきらめる」という言葉の語源

自分としてはめんどくさいから「あきらめる」
チャレンジしても到底無理だから「あきらめる」
と言う感じで後ろ向きなことばと理解していたんですが、・・・・・・・・・・・

実は・・・・・・
[PR]
by pctool | 2009-03-27 11:10 | 書評
ちょっと前にネットをうろうろしていて発見した1冊です。
a0006371_10473349.jpg
副題がすごいですね。
「生死を見据えた仕事の思想」
ちょっと震えてしまいました。早速手に入れました。

講演会の講演録という形式で語りかけるような文面です。
1つの文章が短いので流れるように読めてしまいますが、1文1文が重い、深い納得しながら読んでいこうと思うと、なかなか読み進めることができませんでした。

生きるヒントとしてぜひ読んでもらいたい1冊です。

___________________________________
商品の説明
出版社/著者からの内容紹介
もし、あなたが「明日、死ぬ」と宣告されたら、今日という一日
を、どのように生きるだろうか? あなたは、二度と戻らぬこの一日を、精一杯
に生き切っているだろうか?
本書は、働くことの意味を、生死の深みにおいて深く静かに語った、著者渾身の
一冊です。すべての働く人々へ問いかける魂の名講義、ついに文庫化!
(目次紹介)
なぜ、仕事に「思想」が求められるのか/現実の荒波
いかに「思想」を身につけるべきか/三つの原点
「生死」という深みにおいて観る/死生観
「想像力」の極みで死と対峙する/極限
「砂時計」の砂の音に耳を傾ける/一瞬
「世界」という広さにおいて観る/世界観
「歴史」という流れにおいて観る/歴史観
「世界」と「歴史」の中で、どう生きるか/覚悟
現実に流されないための「錨」/思想
真の「知性」とは何か/生涯の問い            
商品の詳細
文庫: 159ページ
出版社: PHP研究所 (2007/07)
ISBN-10: 4569668631
ISBN-13: 978-4569668635
発売日: 2007/07
商品の寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
__________________________________
パピ文庫においておきますので、読みたい方はコメントを入れて借りて行って下さいね。
[PR]
by pctool | 2008-06-14 11:02 | 書評
メールで流れて来ましたが素適な文章です。
いつもこんな気持ちでこんなことを言ってあげられるようになれば好いですね。


────────────────────────
短編集 冊子『ありがとう』シリーズ 好評です!
─────────────────────────

冊子『だいじょうぶ』のなかから一編ご紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
a0006371_21475771.jpg
心がいっぱいいっぱいのあなたへ

つらいんだろうね。苦しいんだろうね。
よくわかるよ。
だれだって、そういう経験はあるんだよ。
私だって、 もう終わりだ!
すべてを失った! 世界の終わりだ!
と思ったこともあるんだよ。

でも、大丈夫。
どんなことも、いつか解決する。
永遠に続く嵐はないんだよ。
いまをやりすごせばいいんだよ。
いまを受け止めればいいんだよ。
ただ、それだけ。

なにか言いたいことがあったら、
「ワン・・・ツー・・・スリー・・・」
3秒待ってから、静かに言えばいいんだ。

「つらいんだ・・・苦しいんだ・・・」
「もう少し、待ってほしい・・・」
と言えばいいんだよ。


★苦しんでいる人のそばにいるあなたへ

そっと言ってあげてください。
I’m sorry and I love you.


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『ありがとう』シリーズは合計4冊。

*高木善之 著 各250円

☆『ありがとう』

☆『だいじょうぶ』

☆『いのち』

☆『虹の天使』


4冊とも好評です。プレゼントにどうぞ♪

*1冊からお求めいただけます。ご注文はお気軽に♪
http://www.chikyumura.or.jp/shopbrand/001/O/
******************************************************


購入は上のリンクからお願いします。
自分はまだまだですが・・・・・・・・

1,2,3一度数えてからしゃべるのが必要ですね。
今日も会合で3本ぐらい切れそうになってしまいました。
[PR]
by pctool | 2008-06-03 21:48 | 書評
a0006371_18131241.jpg
ほとんど毎日バタバタで、ゆっくり本を読んでいる暇がないのですが、何とか時間を工面して本を読んでいます。やっぱネット、口コミ、メディアだけじゃきちんと自分のものになっていきませんね。

そんな中での一冊です。

「コンピュータはなぜ動くのか」ちょっと古い本なんですが、コンピュータの基本的な考えがきちんと整理されて載っています。本の中では読者を初級、中級、上級に分けて解説していますが、どうやら自分は中級程度みたいです。

パソコンに興味がある人すべてにお勧め!って訳じゃないですが、パソコンできちんと食っていこうと思っている人にはぜひお勧めの1冊です。

あなたはなぜコンピュータが動くか説明できますか?

*ここで紹介した本はパピ文庫に置いておきます。
(興味のある人は読むことができます)
[PR]
by pctool | 2008-01-30 18:26 | 書評